ETF

ETFは、Exchange Traded Fundの略で、日本語では「上場投資信託」とも呼びます。Exchangeとは証券取引所を指します。Tradeは取引すると言うことですから、そのまま日本語にすれば証券取り所で取引されているファンドという意味です。

個別銘柄ではなくて投資信託ですから、複数の銘柄などが組み入れられているのですが、それが取引所で売買されているという点で一般的な投資信託とは異なると言えるでしょう。取引所で売買されていますから、株式と同じように取引を行うことができます。証券口座を開設すれば誰でも取引ができます。株式の取引を行ったことのある人なら、注文方法はそれと同じですから、取り引きをするのに戸惑うことはないでしょう。

投資信託の一種なのですが、インデックスファンドに似たものだと考えれば良いでしょう。というのも、理論価格が分からなければ取引所で適正な取引ができませんから、何らかのインデックスに連動するように組成されています。インデックスファンドに似た値動きをするのですが、その違いとしては信託報酬が安いという傾向があります。頻繁な入れ替えはないですからコストを抑えることができるというメリットがあるのです。

コメントは受け付けていません。